交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

おりひめ給食センター見学会報告

カテゴリー:みどりネット

日時

2019年1月30日(水)10時~12時

集合場所

ゆうゆうセンター~(バスにて移動)・おりひめ給食センター

参加人数

34名(市民13名、交野みどりネット会員21名)
環境衛生課3名

内容

寺本給食センター所長からパンフレットをもとに施設説明を受けた後、2班に分かれて施設内を見学。
その後、給食の試食
(当日のメニュー:減量菜飯、あんかけうどん、大和煮、牛乳)

 

【施設の取り組み】

・3台のボイラー設置(通常2台稼働)で、最大7,000食の調理が可能。
・野菜の下処理では3層の水槽で必ず3回洗浄を行う。
(キャベツは1枚ずつ洗うなど徹底)
・食器は95℃の熱風で2時間乾燥させる。
・アレルギー専門調理ができる個食調理室の設置。
・災害に強いセンターを目指し、停電対応型コージェネレーションシステム(※)を導入。
 停電時の調理が可能となり、温かい非常食(1,500食)を提供できる。
(※コージェネレーションシステムとは都市ガスを燃料に電気と熱をうみだし、これを利用することで省エネルギー・環境負荷低減に貢献。)
・消滅型生ゴミ処理設備も導入され、できた液肥は市内の農業生産者に提供。

【参加者の感想】

・アレルギー対応はこれからも増えてくるでしょうから、頑張って頂きたい。
・環境への配慮だけでなく、災害時の対応も見据えたすばらしい施設であることがわかった。
・HACCP導入で安心・安全な給食が提供できる。
・児童・生徒の満足度調査(残渣率で評価する以外にも)の導入等でメニューを検討してほしい。
・交野市の給食に取り組まれている先端の様子がわかる説明を受ける場で良かった。
・普段子ども達が食べている給食を体験できて良かった。
・1か所で作られていることの大変さが痛感できたが、もし何か大きな事故があれば…と考えると今後の課題では。
・ゴミ処理のことも聞き、まさにエコだなと思った。
・衛生面の徹底のすばらしさを実感した。(安全・安心の二重・三重の管理チェック)
・給食センターで色々な災害時対応や環境問題に取り組んでいることがわかった。
・安心・安全だけでなく、ゴミ処理施設もあり、エコにつながっており、いいなと思った。

寺本給食センター所長からの説明

寺本給食センター所長からの説明

普段子ども達が食べている給食を試食

普段子ども達が食べている給食を試食


ブログ