交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

まちづくり部会の29年度の活動と次年度の展開③~全体の取り組み~(交野みどりネットの活動報告)

カテゴリー:まちづくり部会

小学校自然環境教育

昨年は旭小学校と岩船小学校で実施した自然環境教育を、今年度は星田小学校と妙見坂小学校で行いました。
昨年の計画当初は5年生対象で、授業は5年生向けに考案された内容でした。
しかし旭小学校の要請で1校のみ4年生対象に変更することになり、話の内容・体験活動・工作活動いずれも少し難度が高いものを端折ったり手伝ったりする度合いを高めて対応しました。
今年も両校4年生対象となり、反省はほとんどそこに集中していますが、子供たちの満足度は高くて、「自然環境保護の意識を高める」という目的は達せられているとおもわれます。
以下に授業内容を具体的に紹介します。

1日目

<学校でのお話>
1.「自然を守る」ってどうすればいいの
2.竹を伐れば「なぜ自然を守る」ことになるの
3.森に入る時の危険

<森への移動>
星田小学校:学校から「星田ふれあいの森」へ
妙見坂小学校:校内にある竹林

<竹を伐る活動>
1.ヘルメット・手袋着用など身支度を整えて、諸注意を聞いてからグループごとにグループごとに森へ入ります。
2.交代でのこぎりを使って竹を伐ります。待っている人たちは、竹が安全に倒れるようにロープをかけて引っ張ります。
3.倒した竹は、みんなでのこぎりで枝を落とし、同じ長さに切りそろえて所定の場所に積みます。
4.ヘルメット・手袋などを返却し、終わりの会をしてから学校へ帰ります。
※妙見坂小学校は校内で竹林も広くないので、学級ごとにしました。
今年も「交野里山ゆうゆう会」にお手伝いいただきました。

小学校自然環境教育

小学校自然環境教育

 

2日目(学級ごと)

<竹が使われなくなったお話>
<竹を使った工作「花生けをつくろう」>
1.作り方を聞いて、印をつける。
2.ドリル・のこぎり・ナタなどを使って形を作る。
3.やすりをかける。
4.取っ手をつける。
5.片づけをして終わりの会
※危ない所・むずかしいところは手を借りながら、遊ぶ子もなく集中して取り組み、自分の作品を手にして満足そうでした。
竹きりにチャレンジ
小学校自然環境教育
昨年は旭小学校と岩船小学校で実施した自然環境教育を、今年度は星田小学校と妙見坂小学校で行いました。

竹きりにチャレンジ

竹きりにチャレンジ


ブログ