交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

みどりゼミ第1回

カテゴリー:みどりネット

◆「活動を広めよう! 環境教育・普及啓発のスタイルあれこれ」レポート

9月19日(金)午前10時から、約2時間、交野市役所別館3階小会議室にて、交野みどりネット事務局の南村さんから話題提供をしていただき、『伝えたいこと』にぴったり合う環境教育・普及啓発のスタイルを学びました。
これからの活動を考える上で大変役立つ内容のゼミでした。

【ゼミの主な内容】

みどりゼミでの使用図1.普及啓発スタイルの広さと深さ
誰に、何人ぐらいに、どんなことを、どれくらいの深さで伝えたいかによって、そのスタイルを図に表すと次のピラミッド図形のようになります。
トップの「ワークショップ」のスタイルは、深く伝えることに適していますが、参加する人がきわめて限られます。
逆に比較的浅くても、広く伝えたい場合は、この図の一番下の「出版・映像・Web(インターネット)」のスタイルが適しています。

2.キャンペーンとは?
「キャペーン」とは、社会的、教育的、継続的、組織的な普及活動です。
“交野みどりネット”が、「知ってもらおう」、「活動を広めよう」とするのはキャンペーン活動に当たります。

3.他市での活動例
キャンペーン活動のイメージを広げるために、さまざまな事例紹介がされました。

(1)環境市民・気候アクションチームのCOP3キャンペーン
(2)アースデイ・しが
(3)みんなでやろう夏のピークカット大作戦
「適電」でメタボなデンキをダイエット
(4)電気をカエル計画(自治体・事業者向けに焦点を絞った活動。
ピーク時の電力消費は9割が産業、家庭は1割)……など

4.意見交換(セミナー参加者の思い)
最後に、みんなで感想と今後の活動について意見を交わしました。
紹介された事例の中からヒントを得て、こんなことがやりたいといろいろなアイディアが飛び出しました。
参加者の皆さんが、企画づくりのためにこれからさらに学びたいこととして挙げたのは以下の4点でした。

(1)グループメンバーとの意思疎通
(2)目的達成のための手法
(3)広報力アップ
(4)考える為の手順及び運営手法


ブログ