交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

交野しぜんしらべたい

カテゴリー:みどりネット, 自然環境部会

第22回(11/16)の調査は久しぶりに山を離れて街中で、13名の参加でした。
星田駅に集合し新宮山を経て、妙見宮への道すがらと妙見宮、妙見東に出るまでのコースです。
新宮山はだいぶ前に星田公園として整備され、ほとんどの植物が植栽されたものです。
なので、カツラなど交野の山では見かけない木(落葉の季節なので葉から甘い香が)や、カリンが黄色い実をたわわに実らせていました。
野鳥が種を運ぶのか近くの山々の自生の木も出てきているように思います。
新宮山から妙見宮までの道は最近まで田畑だったところが多く、ヒロハスズメノトウガラシやホホソバヒメミソハギラソバヒメミソハギ(外来種)などの田んぼの植生が見られました。

ホソバヒメミソハギラ

ホソバヒメミソハギラ

ヒロハスズメノトウガラシ

ヒロハスズメノトウガラシ

オオカワジシャ

オオカワジシャ

妙見宮はそれこそ社寺林。
期待して調査を始めました。
ところが最近駐車場などの整備が進み、アカハナワラビ(シダ植物)の群生が半分ほどになっていました。
しかも、なんと特定外来種のオオカワジシャを発見!
たぶん工事の時運び込んだ土砂に種が混じっていたのでしょう。
林床は高く繁った木々に覆われて、草本は少なく、シダ植物が多く見られました。
上りきって妙見東の方に階段を降り、そこで解散!
お疲れ様でした。


ブログ