交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

第2回みどりゼミ報告~「自然環境部会の活動は どうしてうまくいっているの? 成功のヒミツに迫ろう!」~

カテゴリー:みどりネット, 自然環境部会

自然環境部会の活動

 

●そのヒミツが知りたくて

1月14日(水)、第2回となる 「みどりゼミ」を開催しました。
今回のテーマは組織運営のコツ。
4部会の中で一番プロジェクトが順調に進んでいる自然環境部会の部会長、入江豪宣さんに話題提供いただきました。
うまくいっている理由は、「自然は取り組みやすいから」「参加しやすいから」と簡単にすまされがち。
でも、傍からよく観察しているとちらちら見え隠れする運営のヒミツ。
知られざるその努力を他の部会の皆さんにも知ってほしくて企画したものです。

●部会をふりかえってみよう

最初に参加者それぞれから、自然環境部会がうまくいっている理由は何だと思うか、何を上手にされていると思うのか、そして自分の部会の現在の課題について、述べてもらいました。
一人ひとりの問題意識を明らかにした上で、入江さんに話していただきました。

●うまくいっている理由のポイント

まるで当たり前のことであるかのように淡々と紹介される入江さん。
そこにはまさにヒミツが満載ー!!
主なポイントを抜き書きしてみました。

・環境基本計画をよく読み込んで活動を計画している。
・活動の組み立てに戦略性がある。
・計画期間10年のロードマップがある。
・常に人を集める意識を持って活動を計画している。
・部会のメンバーが順調に増えている。
・全員体制の役割分担ができ、自立的に動いている。
・話し合ったことがきちんと形として残っている。
・会議の準備を部会の事務局が行い、書記による議事録が残っている。
・思いが文章化されている。
・ビジョンとミッションが明確。
・強いリーダーシップがある。
・既存の環境活動団体との協力関係ができているところがある。

●自然環境部会に学べ!

一同、「うーん、すごいー!」とうなる内容に、質問もたくさん出ました。
その回答もすごかったのですが、ここではとても紹介しきれないので、詳しくは下にある三つのリンクをご覧ください。
この報告を受けて、参加者がこれからやってみようと思ったことは、
「基本計画の精神に立ち返る」
「ロードマップづくり」
「全員体制の役割分担」
「部会の中に事務局を置いて自主運営」
「会議やコミュニケーションの機会を増やす」
などなど。

惜しむらくは、他部会からの参加がたった4名にとどまってしまったことです。
それでも、参加された方はその後、自分の部会に持ち帰って、運営に活かしてくださっているようで、やった甲斐がありました。
これからも互いのよい点を学びあいながら、みんなでよい活動を目指していきましょう。

第2回みどりゼミの報告の詳しい内容については、下記の記事をご覧くださいね。
第2回みどりゼミ報告、詳細版その1「うまくいっている理由のポイント」
第2回みどりゼミ報告、詳細版その2 Q&A
第2回みどりゼミ報告、詳細版その3 学んだこと編


ブログ