交野みどりネット(交野市環境基本計画推進会議)

サイトマップ

ブログ

交野みどりネットは、「自転車が似合うまち」の実現に取り組んでいます!

カテゴリー:みどりネット, まちづくり部会

自転車は環境にやさしく、健康づくりにも有効な移動手段です。
最近では宅配に電動アシスト自転車が活躍するなど自転車はビジネスや観光など、様々な分野で脚光をあびています。
特に、交野市は自然に恵まれたコンパクトな街です。
そのため、自転車は交通手段としても最適です。
アップダウンのある地区でも、電動アシスト自転車を有効に使えば、車に代わる有効な交通手段となります。
しかし、市内には古くからの狭い道路が多く、歩行者や自転車が安全に通行できない所が多くあります。
私たちは、このような現状を改善し、自転車や歩行者が安心して通行できる道路環境を実現したいと考えています。
基本は自転車はもちろん、歩行者・車がお互いを思いやり、安全な通行ができる環境を市民の視点から考えていきたい
と思っています。

自転車専用道路を走る自転車のイラスト


そうは言っても、道路の拡幅や自転車専用レーンの設置などはハードルが高く、早急に実現可能な方法ではありません。
そこで私たちは、既存の道路に自転車の走行を表示する「矢羽」マークをつけようと考えています。
法律上、自転車は「軽車両」となっており、車道の左端を走ることになっています。
しかし、この点が十分理解されていないこともあり、逆走している自転車を見ることがあります。
また、ママが電動アシスト自転車にお子さんを乗せて、歩道をかなりのスピードで走っている光景も見受けられます。
これらは自転車や歩行者にとって危険であると同時に、車にとっても事故の一因となりかねません。
そのため、市内でも特に交通量の多いエリアに絞り込み、ここから手始めに、自転車の走行を表示するマークをつける
ように大阪府や交野市と協議をしています。
そして、このエリアでまず表示を実現し、その効果を市民のみなさんに見ていただきたいと思っています。
自転車が安心して走行できるだけでなく、車もお互いに譲り合い、歩行者や交通弱者にやさしい交通環境ができることを
目指しています。
市民の皆さんには、是非とも私たちの取組みにご支援とご協力をいただきますようお願いします。
あわせて、私たちに力を貸していただける方、いろいろお教えいただける方がいらっしゃいましたらお力をお貸しください。
以下に私たちの目指す方向を紹介しています。

交野市内の自転車通行環境は厳しい

交野市内の自転車通行環境は厳しい

自転車レーン整備のイメージ

自転車レーン整備のイメージ

府道736号・市道私部西線自転車ネットワーク整備(案)

府道736号・市道私部西線自転車ネットワーク整備(案)

重点整備の候補エリア<京阪交野市駅周辺>

重点整備の候補エリア<京阪交野市駅周辺>

重点整備の候補エリア<天野ヶ原1交差点周辺>

重点整備の候補エリア<天野ヶ原1交差点周辺>

重点整備の候補エリア<京阪交野市駅北東方面>

重点整備の候補エリア<京阪交野市駅北東方面>

2017年12月
交野みどりネット(交野市環境基本計画推進協議会)
まちづくり部会


1 2 3 4 154
ブログ